◆コンテンツ

  • ビザ・在留資格の基礎知識
  • 永住の基礎知識
  • 帰化の基礎知識
  • こんなときどうする!?−FAQ
  • ビザ・在留資格関連ニュース
  • 入国管理局情報リンク集
  • 日本生活お役立ちリンク集
  • イベント・相談会情報
  • 推薦書籍紹介
  • 事務所紹介
  • 業務案内・報酬額表
  • ◆ご相談・ご依頼

    外国人の方の在留資格(ビザ)の問題、外国人の方の雇用・就職・起業、国際結婚・国際離婚の手続きについてのご相談・ご依頼はこちらから。
    面談・相談予約フォーム

    メール・電話・ファックスでも受け付けております。 下記必要事項を明記の上、こちらへお送りください。
    ・電話 :03−5540−8512
    ・FAX  :03−5540−8513
    ・E-Mail:info@tokyo-visasupport.com


    必要事項
    ・ご相談・ご依頼内容
    ・面談希望日時
    ・面談場所(当事務所・ご自宅等)
    ・お名前・ご住所・お電話番号


    なお、当事務所では無料メール相談は行っていません。
    <面談による相談は有料(5,000円/h)です。

    一般的な内容のご質問はこちらのBBSをご利用ください。

    ◆運営者事務所サイト

    就労ビザ・結婚ビザ申請なら
    東京ビザ申請サポート 行政書士小松原事務所
    (東京都中央区)

    2014年06月12日

    入管法の改正案が可決成立しました。

    3月11日に衆議院に提出された入管法の改正案が、5月29日衆議院で可決、6月11日参議院で可決され成立しました。

    衆議院に提出された改正案本文はこちら。

    衆議院「出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律案」

    概要はこちら。

    内閣府「出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律案の概要」(pdf)
    gaiyou2.jpg

    gaiyou1.jpg

    主な改正点は以下の通り。
    (1)高度外国人人材のための在留資格として、「高度専門職」という在留資格が新設されること、
    (2)これまでの「投資・経営」を「経営・管理」に変えて、外資系だけでなく日系企業における経営・管理活動も認められるようにすること
    (3)在留資格「技術」と「人文知識・国際業務」を統一して、1つの在留資格にすること
    (4)現在は高校以上にしか認められていない「留学」の対象を小中学校にまで拡大すること
    posted by 小松原事務所 at 00:00| ビザ・在留資格関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。