2008年01月22日

永住許可要件

永住が許可されるためには、原則として次のような要件を満たしている必要があります。

1.素行が善良であること
2.独立の生計を営むことができる資産または技能があること
3.日本国の利益に合すると認められること
 (1)原則として引き続き10年以上在留していること
(うち,就労資格又は居住資格をもって引き続き5年以上在留)
 (2)罰金刑や懲役刑などを受けていないこと
納税義務等公的義務を履行していること
 (3)現在の在留資格で最長の在留期間を許可されていること
 (4)公衆衛生上の観点から有害となるおそれがないこと
【関連する記事】
posted by 小松原事務所 at 19:31| 永住の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。