2011年07月01日

お知らせ

「2012年7月 新たな在留管理制度がスタート!」

2009年7月15日公布された改正入管法のうち未施行の部分が2012年7月施行される予定です。
ポイントは次の4つ。
・「在留カード」が公布されます。
・在留期間が最長5年になります。
・みなし再入国許可制度が導入されます。
・外国人登録制度が廃止されます。

詳細については、こちらのサイトをご覧ください。
↓↓↓↓↓
法務省入国管理局
「2012年7月 入管法が変わります 新たな在留管理制度がスタート!



「研修」「技能実習」に関する省令制定・改正等

昨年7月15日公布の改正入管法のうち、本年7月1日より施行となる在留資格「技能実習」の新設に関して、1月1日より在留資格認定証明書交付申請手続が始まるのに合わせ、各種省令の制定・改正が行われ、ガイドライン「技能実習生の入国・在留管理に関する指針」が策定されています。
↓↓↓↓↓
法務省入国管理局
「改正入管法の施行に伴う研修・技能実習制度の見直しに係る法務省令の改正・制定等の概要について」




2009年7月15日 改正入管法が公布されました。
⇒入国管理局「入管法改正の概要」
⇒入国管理局「入管法が変わります!-新たな在留管理制度-」



2009年7月1日 入国管理局「申請書の改正について」

6月3日付けで入管法施行規則が改正され、7月1日より申請書式が変更されました。その他の主な改正点はこちらをご参考ください。
ブログ「僕の行政書士的日常」



2009年4月 法務省入国管理局
「大学等を卒業した留学生が行う就職活動の取扱いについて」


大学等を卒業後も継続して就職活動を行う留学生に対し、6ヶ月の在留資格「特定活動」を与え、1回の更新を認めることにより、最長1年の就職活動継続のための在留が認められることになりました。



2007年11月 法務省入国管理局
「大学卒業後も継続して起業活動を行う留学生の卒業後の継続在留について」


大学を卒業後も継続して起業活動を行う有望な留学生に対し、一定の要件の下に,最大180日間の在留が認められることになりました。
posted by 小松原事務所 at 00:00| 入国管理局情報リンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。